Pocket

4年生はこれまで卒論に向けて勉強してきましたが,いよいよ,東北大学の大型振動台(3m×3m)で実験をしに行ってきました。今回は免震構造の試験体を使い,現在検討しているダンパー(建物の揺れを抑える装置)の有効性を,神戸の地震や宮城県沖地震で揺らして確認しました。分解して保管してある鉄製の試験体を,ボルト,ナットを使って自分たちで組み立てるところから始め,のべ5日間の実験となりました。

振動実験