中村琢巳研究室では「みやぎの明治村」と呼ばれ、武家屋敷や町家、近代洋風建築などの歴史ある建物が伝わる旧城下町・登米の歴史的建造物の調査と価値を発信するプロジェクトに取り組んでいます。

登米市広報「To Me」7月号では、「明治150年-このまちを未来へ継承するために」という特集が組まれ、そのなかで民学官の連携による貴重な町並みの保存再生活動として、中村研の学生たちによる調査の様子や調査によって文化財となった商家建築の魅力が紹介されています。

記事は下記からご覧いただけます

<広報とめ7月号 未来への継承>