Pocket

建築学専攻(大学院)の講義「施設計画特論」(石井)にて宮城県美術館を訪問、学芸員の方に美術館の空間と運営についてレクチャーと見学解説をお願いしました。美術館の本質を理解する貴重な機会でした。前川國男晩年の作品。一箇所だけ彼自身が直接指示したデザイン(ある場所の扉の色)があるということもお話を伺い知りました。それはどこか。ぜひ、訪問して探してください。公立の近代美術館としては完成形に近いこの美術館。あらためて行って見ると見応えがあります。

本学学生はキャンパスメンバーズなので学生証を持参すれば常設展・佐藤忠良記念館は無料。企画展も半額で鑑賞できます。是非足を運んでみてください。

museum02 museum01