今年度で28回目を迎える「建築学科海外研修旅行」の説明会が行われました。

これは、毎年3月上旬にヨーロッパの各都市を約2週間かけて巡る研修旅行で、今年はアムステルダム、ユトレヒト、ウィーン、フィレンツェ、シエナ、ローマ、パリの7都市を予定しています。

パリでは、本学科と学術協定を締結している「ヴァル・ドゥ・セーヌ国立高等建築学校」への訪問も予定しています。

今年も多数の学生が参加してくれることを期待しています。