Pocket

3月12日に開催される日本建築学会主催の「東日本大震災3周年シンポジウム」(東京・建築会館)において、本学科教員の渡辺浩文教授と石井敏教授がシンポジストとして登壇します。
あわせて期間中に開催されるパネル展には新井信幸准教授の支援活動も展示されます。

プログラム概要
3月12日(水)9:30~18:00(会場:建築会館ホール)
「震災復興の支援に関するタスクフォース」活動報告
・放射能汚染濃度の分布と計測 渡辺浩文(東北工業大学)
・被災地における暮らし・福祉と建築学の蓄積と貢献 石井 敏(東北工大学)

3月4日(火)~20日(木)9:30~19:00 (会場:建築博物館ギャラリー)
復興住まい・まちづくり展
・仙台平野の新たな農ある暮らしの復興デザイン 仙台平野再生支援ボード(東北工業大学 新井信幸)

詳細・プログラムはコチラ