建築学科通信8月号(Vol.05)を発行しました。

定期試験も終了し、夏期休業に入りました。9月1日が成績発表、後期オリエンテーションが9月19日、そして20日からは後期の授業開始となります。

今号と次号では「大学院」を特集します。大学院ってどんな場所か分からない人も多いでしょうが、特に建築学科では大学院に進学する学生が多くいます。それはなぜか。一つは建築学という学問が広く、また奥深い学問だからです。大学院なんて考えていなかった学生でも、3年生、4年生と研究室での研究や設計活動を進めていくうちに、もっと学びたい、もっと力をつけたい、と思うようになる学生もいます。将来の進路や職種を考えた時に、大学院で力をつけてからではないと難しい、と感じる学生もいます。現役大学院生の声を集めました。大学院進学を一つの進路の目標としてもらいたいと思いますし、その参考になればと思います。

詳細はこちらをご覧ください。