Pocket

本日は、大学院の講義「地域環境計画」で伝統的居住環境を体験するため村田町に巡検に出かけました。

「空間の継承性」「変化の実態」、土地利用の変遷による「細分化される敷地割」「利活用される伝統的居住環境」などを実体験することができたように思います。

今回は、講義日をずらすことで、巡検の時間をしっかりと確保することができました。

大学院の講義だからこそ可能なプログラムです。

大変有意義な時間となりました。履修者のみなさんにとってもそうあってくれていると嬉しいです。

講義担当:不破正仁講師