Pocket

新井信幸准教授が副代表を務める特定非営利活動法人つながりデザインセンター・あすと長町が、2018年度グッドデザイン賞を受賞しました。

「つながりデザインセンター・あすと長町」は、東日本大震災後の仮設住宅、災害公営住宅などで自治運営やコミュニティ形成などの支援活動を展開してきた「あすと長町コミュニティ構築を考える会」を発展的に改組して立ち上がった団体です。

ここでのプロジェクトは、震災直後から本学科学生も共同で取り組んできたものです。これまでの学生たちの積極的な取り組みについては、Facebookに掲載されていますので是非ご覧ください。

「つながりデザインセンター・あすと長町」のFacebookはこちら

「つながりデザインセンター・あすと長町」の詳細はこちら

グッドデザイン賞の詳細はこちら