Pocket

本学の学生(卒業生)の取り組みや防災・減災、復興への取り組みが、仙台市広報誌「えーる」に紹介されました。建築学部 建築学科 石井 敏 教授は、昨年度の「仙台防災フォーラム2019」の会場で展示された、学生発案の「段ボール製の避難所用授乳室『HONEY ROOM(ハニールーム)』」を振り返りながら、大学の防災・減災、復興への取り組み、仙台の地で学ぶ学生たちの未来に馳せる「想い」をお話されました。この様子は下記よりご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

詳細は下記バナーをご覧ください(仙台市)

つなぐ おもい つながる|東日本大震災から10年