一般社団法人・日本建設業連合会東北支部が開催した現場見学会に参加させていただきました。

参加者の多くは建設会社の技術者ですが,「建築の魅力を若い世代に伝える」という趣旨のもと,本学科の学生にもお声掛けいただきましたので,3年生5名が参加しました。

現場は,仙台市内に建設中の某大学の教育研究棟で,鉄骨造・地上7階建てです。骨組は完成,外装は概ね完了でしたが,内部はまだまだ作業中で,ほとんどの場所で天井が無く,梁や配管がむき出しの状態でした。また,タブレット端末などを活用した最新の設計施工管理技術,労働環境改善の取組み,女性技術者の活躍などについての説明がありました。

最後は,「せっかくなので学生さんから質問や感想などどうでしょうか?」ということで,発言の機会をいただきました。

(堀則男教授)