Pocket

テーマ : ”路地×アート”はまちをどう変えるか

参加費は無料、事前申し込みは不要(先着120名)ですので、たくさんのご参加をお待ちしています。

詳細はこちら

○趣旨

路地や横丁は人々の営みやまちの文化が染みついたスローな日常空間として存在しています。近年、そんな路地や横丁空間を活かした様々なかたちのアートイベントが全国的にみられており、地域のまちづくりにインパクトを与えています。

このパネルディスカッションでは、「路地×アート」の先進的な取り組みである東京・向島学会/谷中芸工展、大阪・からほりまちアート、せんだい横丁等を紹介し、「路地×アート」が生み出す何か等について討論していきます。

○パネラー

真野洋介(東京工業大学・准教授)/向島学会

松富謙一(CASEまちづくり研究所)/からほりまちアート

山田絵美(ハウジングアンドコミュニティ財団)/谷中芸工展

田澤紘子(仙台市市民文化事業団)/せんだい横丁

新井信幸(東北工業大学・講師):司会進行

○開催日時

2010年11月2日(火)18:30~20:45(開場18:10)

○プログラム:事例報告(4題)、ディスカッション・会場との意見交換

○会場:せんだいメディアテーク7F シアターホール

○参加費:無料・先着順120名(申込不要)

○問合せ先:東北工業大学工学部建築学科サポートセンター(担当:笹本)022-305-3635


※同時企画パネル展示「“路地×アート”はまちをどう変えるか」開催

2010年10月29日(金)~ 11月3日(水)

10:00~ 20:00(最終日:10:00~19:00)

会場:東北工業大学・一番町ロビー 1Fギャラリー

入場料:無料

 

 

主催:東北工業大学工学部建築学科  

後援:(財)ハウジングアンドコミュニティ財団、(財)仙台市市民文化事業団

(社)日本建築学会東北支部、新建築家技術者集団宮城支部

協力:宮城県美術館