青森県の城下町・弘前において、中村研究室による歴史的町並みの調査がスタートしました。

武家住宅や生垣、板塀が続く武家町の面影を伝える仲町が、日本の代表的な町並みとして「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されて今年で40年になります。今回、歴史ある町並みと住環境が調和した魅力的な地区形成に向けて、中村研究室と弘前市が連携し、町並み保存計画の見直し調査に取り組むことになりました。

第1回目のフィールドワークとして、ゴールデンウィーク中に学生たちが弘前に滞在しました。お住いの方々から住環境についてお話しをうかがったり、町並み連続立面のスケッチなどに取り組みました。また初日には、地域の方々に向けた説明会を公開武家住宅で開催し、学生たちも自己紹介等をしました。

今後、継続的に学生たちが弘前に滞在してフィールドワークを行い、町並み保存地区そして城下町・弘前の魅力発見と提案を行っていきます。