Pocket

2016年3月10日、今年度でご退職される高橋恒夫先生の最終講義が開催されました。

最終講義には学内外から250名を超える方に来て頂きました。

講義は「日本建築の特異性と在方集住大工」と題して、高橋先生がこれまでに取り組んでこられた研究の成果についてお話しされました。

L1010522 L1010441 L1010444 L1010485 L1010487 L1010504

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学科HP津波前の集落資料で記憶(日本経済新聞2016.03.10)

 

 

 

 

 

 

新聞記事は日本経済新聞社様より掲載許可取得済