Pocket

建築学科の中村研究室では、今年度から2年間の研究プロジェクトとして、青森県弘前市の伝統的建造物群保存地区の保存計画見直し調査を弘前市・文化庁と連携して進めています。

3月2日(土)に公開武家住宅「旧伊東家」で、地域の方々に向けて今年度の調査報告会を開催し、研究室で制作した武家町の街区模型や町並み景観の実測図なども展示しました。

その報告会の様子が3月3日(日)の青森テレビや3月5日(火)の陸奥新報でも紹介されました。民家の間取りや庭・樹木の記録、また地域住民の住まい方に関する聞き取りといった調査内容の紹介とともに、伝建地区を建造物だけでとらえずに、総合的な武家文化を伝える町並みとして再評価すべきという中村琢巳講師のコメントも掲載されています。

中村研究室では継続して、城下町・弘前の歴史的な町並みの保存と良質な住宅地形成を両立させる計画提案に向けた調査を、行政や地域住民の方々と連携して進めています。