Pocket

2020年1月15日に、本学の北欧デザイン研究所と宮城県産業技術総合センターとの共催によるセミナー「北欧デザインとデジタルエンジニアリング」が開催されました。同研究所所長の石井敏建築学科教授からの講演「北欧流『ふつう』暮らしからよみとく環境デザイン」に続いて、同研究所の外部研究員もつとめる日本福祉大学の坂口大史助教による講演「北欧デザインとデジタルエンジニアリング ~フィンランドのfablab・AMの先進的な取り組み~」がありました。フィンランドでのデジタル創作活動やその教育の実際の報告から、北欧デザインと最新のデジタルエンジニアリングとの親和性、将来的に日本で3DプリンターやAM(Additive Manufacturing)を展開させていくための方策や課題が講演の内容でした。その分野で活躍する専門家を含めた30名の参加者があり、活発な質疑も行われました。