Pocket

建築学科4年生の鞠子楊太郎君の作品が雑誌『Pen※』に掲載されました。

未来のクリエーター with Honda e:これからの未来を担うクリエーターたちに「人と社会とHonda eが自由につながり合う未来」を想像を膨らませ描いてもらうプロジェクト。

以下、鞠子君のコメントです
このイラストのテーマは、「少し先の未来」ということで、今の技術の延長と地球と共存する未来を描きました。緑の多いまちづくりと太陽光パネルや新たな技術による地球に優しい環境づくりが行われ、デジタル化が進んだ人類は目に見えない進化を遂げていると考えました。あまりにも現実とかけ離れた世界観にならないように意識するのと共に、一目で未来の雰囲気を感じさせる空間づくりを目指しました。イラストの構図としては奥の空間で大きな未来を、手前ではより細かな未来を描いています。