Pocket

建築学科50周年記念事業【講演会 vol.03】のご案内です。

槻橋修(建築家/神戸大学大学院准教授, 元本学科教員)+ 福屋粧子(建築家/本学科准教授)

建築と都市の未来へ向けて – 「失われた街」模型復元プロジェクトに寄せて

建築学科では本年の学科50周年(2016年)を記念しての各種事業を企画しています。
Vol.o1の3月26日(阿部仁史講演会)、Vol.02の5月14日(武井誠/TNA+小西泰孝 講演会・対談)に続き、今回は建築家・槻橋修准教授(神戸大学大学院)と本学科の福屋粧子准教授との対談・講演会を企画しました。せんだいメディアテーク1Fのオープンスクエアでの開催です。

東日本大震災後、槻橋氏が中心となって企画・構想して進めてきた「失われた街」模型復元プロジェクト。同プロジェクトは、「失われた街や村を1/500の縮尺の模型で復元し、地域に育まれてきた街並みや環境、人々の暮らしの中で紡がれてきた記憶を保存・継承していくことを目指し」「復元模型の制作は建築学生によるボランティアを中心として、地域の皆様、その他街の再生を願うすべての皆さんの協力を仰ぎながら進めていく」(同プロジェクトサイト主旨文から) です。これまで岩手、宮城、福島の被災各地の模型制作と各地域におけるワークショップを重ねてきました。全国各地での模型展覧会の開催も行われています。

本学科も福屋准教授主導のもと学科として同プロジェクトに参画し、多くの学生が模型制作やワークショップ支援を行ってきました。今回の講演会では、お二人からご講演・対談いただく企画です。プロジェクトに関わった学生も登壇し、プロジェクトについて懇談します。また、五十嵐太郎氏と堀井義博氏も交えて同プロジェクトの源流を探るクロストークも織り交ぜての企画です。さらに、オープンスクエアでは実際に制作された模型も展示いたします。

どなたでも参加できます。ふるってお申し込みください。なお、お申し込み先着順での受付となります(要申込み)。また、講演会終了後、1Fカフェにて懇親会(会費制3,000円)も開催します。あわせてお申し込みを受け付けます。
申し込み先はコチラから

なお、本企画Vol.03は(株)阿部和工務店様、鹿島建設(株)様、(株)佐藤総合計画様、仙建工業(株)様、(株)総合資格様、戸田建設(株)様、ブレンスタッフ(株)様、前田建設工業(株)様に特別協賛をいただいて実施するものです(50音順で掲載させていただいています)。

50th_vol03 pdf: 50th_vol03
■■■■■■■■■■■■■
Vol.03 講演会
2016年7月9日(土)14:30~16:30(14:00開場)
建築家 槻橋修(神戸大学大学院准教授)
建築家 福屋粧子(本学科准教授)

会場:せんだいメディアテーク1階オープンスクエア
参加費:無料(定員150名、事前申込み制:必ずお申込みください)
お申込みフォームはコチラから
http://goo.gl/forms/qILgGH0XEA

■■■■■■■■■■■■■

【予告】以降、vol.04と続きます。すでに企画、日程・会場は確定していますのでご案内申し上げます。

Vol.04・2016年9月20日(火)午後1時30分~(予定)
【講演・座談会】「5号館の歩みと建築学科の50年」(仮題)
本学科退職教員と現職教員による対談:宮城県沖地震、東日本大震災と2度の大きな地震を経験した建築学科の建物(5号館)の歴史は、建築学科の50年の歴史そのものです。耐震改修の軌跡を追いながら、建物の歴史と建築学科の50年の歴史を重ねてみる企画です。
会場:仙台国際センター大ホール

東北工大建築学科50周年実行委員会
archi50th@tohtech.ac.jp