Pocket

コロナ禍での卒業研修。調査、実験、創作活動にあたっては大きな苦労があったことでしょう。2/8-9の2日間2020年度の卒業論文および卒業設計・制作の発表会が開催されました。全員が教室で発表、1〜3年生はオンラインでの聴講となりました。仙台、東北で学ぶ建築学生らしいテーマの数々。大学生活の総仕上げ、1年半にわたる研究室活動の集大成がまとめられ、発表されました。本来であれば研究室での集まりや旅行など多くの思い出が刻まれるはずだったこの1年間を、コロナと、そして自分と闘い向き合いながら過ごして来た4年生には心から敬意を表します。人生は長い。この1年を取り戻すことができる、豊かで楽しい日々が必ず訪れます。それぞれが向き合ってきた課題をやり遂げた満足感、達成感、場合によっては悔いもあるでしょう。すべてが大切な人生の一ページとなります。

PDFはこちらから:学部通信_50