初回は、熱・空気環境及び同演習の様子をご紹介します。

◇講義概要 担当教員:渡邉教授/2年・前期/121教室

良好で安全な 熱・空気環境の形成と省エネルギーを両立させるのため、建築には様々な技術が実装されています。本講義では、講義および演習を通じて、それらの技術を理解するための基礎理論を理解し、応用することが出 来る能力を修得することを目標としています。

◇学生レポート(2年生:R・Tさん)

学んだこと:人が快適に過ごせる環境をつくるため、建築物の性能や設備をどうするべきかについて、熱・空気の面で学んでいます。日々の生活にみられる現象について、数値や式での表し方や、身近な例を使った問題の解決法を学びました。

講義の感想:今まで身の回りのの環境を考える機会が少なかったので、建物の環境への配慮などを知ることができ、とてもためになりました。暮らす人の環境が心地よくなるよう、学んだことを自分の設計に生かしていきたいと思いました。

◇講義風景写真

  

渡邉先生の「熱・空気環境及び同演習」の紹介でした。