SDGsへの取り組み

研究分野

地域空間を読み取り分析することから建築設計に取り組む

竹内 泰 教授
TAKEUCHI Yasushi
竹内 泰
竹内 泰
TAKEUCHI Yasushi

建築は何のため、誰のためにあるのでしょうか。当然、一義的にはクライアント(施主)のためにあると言えますが、同時に建築を社会的な存在として捉えることもできますし、また捉えられたりもします。建築を設計する専門家として、どのように建築を捉えデザインしていくのかを考えます。そして、豊かな社会とは何か、豊かな建築とは何か、建築設計を通して考えます。

また、建築には社会の変化が投影される側面があります。地域ごとの多様さや独自性が重視される現代において、建築の設計者には、これらを正しく丁寧に捉え、具体的かつ的確にまとめ、案として提示していくことが求められます。そこで、地域空間の原理を知り空間的文脈を読み取る洞察力を培うため、国内外におけるフィールドワークを行います。現地でのさまざまな空間体験を通し、社会から求められる建築とは何かを考えます。

竹内 泰

PROFILE

旅に出ましょう。今しかできない旅をしましょう。物理的な距離ではなく、お金の問題でもありません。感覚を研ぎ澄まし、五感を開放し、二度とない今を旅を通して受け取りましょう。

教員紹介

ページトップへ