今野 康 1980年卒業 所属研究室:田代研究室 (株)一条工務店仙台 営業部 特販グループ係長 (株)オノダ 住宅事業部 設計課長・・・・・・平成24年8月 一条工務店仙台より出向 現在に至る   4年生の時は材料研究室で、田代先生・四戸先生・最知先生の皆様方に御迷惑をお掛けしながらも5号館地下実験室でコンクリート等の各種実験を行ない1年間過ごしました。 当時の研究室メンバーとは今でも、忘年会あるいは新年会と称して卒業後毎年1回は集まって、6人位の少ないグループではありますが、34年間毎年当時の思い出話や現況の報告をしています。 私は卒業後仙台市内の設計事務所に就職し、約5年間学校建築等公共建築物の設計監理に携わりました。 その後自営業の工務店で個人住宅建築施工を行ない、平成3年一条工務店仙台で中途採用となりました。 一条工務店では、営業部・工事部・設計部を経由し最後には特販グループという各種リフォームメンテナンス等を行なう部署に所属し、東日本大震災にかかわる各種改修工事が一段落した一昨年夏、岩手県北上市を中心に営業展開している(株)オノダ住宅事業部に出向となり現在に至っています。 (株)オノダは一条工務店仙台の本社にあたる木材販売加工等を行なっている会社ですが、3年前新規に住宅事業部門を立上げました。 一条工務店で経験したノウハウを活かし、木造在来工法で国産材・自然素材・省エネに拘りながら勾配天井を取り入れた高気密高断熱住宅を施工しています。 今は岩手県南地域を中心とした狭いエリアでの営業・施工展開ですが、近い将来は岩手県のみならず宮城県内にも進出したいと考えて日々頑張っています。

画像1 画像3
オノダ惠森平屋仕様 これでも平屋です。
勾配天井を採用していますので、外観的には2階建と思われがちです。

画像4 画像5
屋根断熱施工中:垂木高さ24cmとして勾配天井の形状のまま 屋根上断熱材厚24cm+屋根下断熱材厚12cm 合計36cmの屋根断熱材を使用します。