Pocket

夏休みも終了し、後期がスタートしました。例年、学年別で、学内で行っているオリエンテーションは仙台国際センター大ホールを会場にして、全建築学科学生を対象に実施しました。建築学科には、学部・大学院あわせて580名を超える学生が学んでいます。学年を超えて一同に会する機会は普通はありません。2年前の建築学科50周年の際、同様に実施して以来となります。同じ時代、同じ空間で学ぶもの同士、これだけの人数がいるということ実感してもらいたいということと、将来かならず仕事のなかで接点が生まれる工大建築学科先輩・後輩のつながり(目に見えない糸)を感じてもらいたいという思いで実施しました。また、大ホールに身を置いて過ごす特別な雰囲気と時間の経験、普段とは異なる刺激を感じてもらう意図もありました。さあ、後期に始まりです!充実した学びの秋として下さい。

PDF版はこちらをご覧ください。