Pocket

講義レポートの5回目は、2年生の専門科目「建築設計Ⅲ」を紹介します。

この講義では、現在、「傾斜地に建つ二世帯住宅」の設計課題に取り組んでいます。
「傾斜地」と「二世帯」という二つの条件を検討する必要がある難しい課題です。
敷地の調査を行い、敷地へのアクセスや高低差、そこから見える景観などを検討し、そこに住む家族の生活を想定しながら、計画案を作成しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、中間講評会が行われ、グループの学生を前に自分の計画案を発表していました。
人前での発表に、緊張しながらも自分の意図が理解してもらえるよう努力しているようでした。先生方からは、厳しくも参考になる意見もらい、中には次の展開につながる描き込みをしてもらった学生もいたようです。