Pocket

講義レポートの7回目は、大学院生の専門科目「地域環境計画」を紹介します。

大学院の講義は、少人数制で各教員とのやりとりもより専門的に展開してゆきます。

「地域環境計画」の6回目の講義では、仙台市近郊の町並み・農村景観を題材に、学外巡検を行いました。

町並み巡検では、都市の成熟の過程を考察しました。

農村部の巡検では、景観構成要素とその構造について考察しました。

いずれの地域も定点観測を目的に、例年と同様の地域に出かけました。